日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!

日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!


ブログ内検索

最新記事
サイト移転のお知らせ (05/24)
2013年2月9日(土)グルジャ事件追悼行事のお知らせ (01/28)
2013年1月31日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」 (11/22)
2012年東トルキスタン共和国独立記念行事報告 (11/16)
2012年11月11日(日)東トルキスタン独立記念行事と記念講演のお知らせ (10/19)

カテゴリ
月別アーカイブ
2013/05 (1)
2013/01 (1)
2012/11 (2)
2012/10 (2)
2012/09 (1)
2012/07 (4)
2012/06 (4)
2012/05 (9)
2012/04 (8)
2012/02 (1)
2012/01 (5)
2011/12 (1)
2011/11 (5)
2011/10 (5)
2011/09 (2)
2011/08 (6)
2011/07 (6)
2011/06 (6)
2011/05 (2)
2011/04 (1)
2011/03 (5)
2011/02 (2)
2011/01 (6)
2010/12 (1)
2010/11 (4)
2010/10 (3)
2010/09 (3)
2010/08 (2)
2010/07 (4)
2010/06 (3)
2010/05 (6)
2010/04 (4)
2010/03 (4)

最新トラックバック
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年東トルキスタン】 (11/17)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年9月29日 台湾「】 (11/02)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年11月11日(日)】 (11/02)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【 2011年7月7日(土)「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ」報告】 (07/10)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議」用プラカード】 (07/06)


日本ウイグル協会 公式ブログ > 2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--年--月--日(--曜日) | |
カテゴリ - スポンサー広告


9月27日(月)日本ウイグル協会主催「ウイグル文化講演会」カイセル・アブドゥルスル・オズフン

日本ウイグル協会 主催 「ウイグル文化講演会」

時間:2010年9月27日 開場18:30 開演19:00
場所:国立オリンピック記念青少年センター センター棟416号室

講演:「2世紀から11世紀 東トルキスタン タクラマカン盆地の仏教文化」
カイセル・アブドゥルスル・オズフン、他

参加費 1,000円 (日本ウイグル協会会員は500円)
主催:日本ウイグル協会


チラシPDFファイル
http://uyghur-j.org/image/20100927_01.pdf
http://uyghur-j.org/image/20100927_02.pdf

ウイグル文化講演会「2世紀から11世紀 東トルキスタン タクラマカン盆地の仏教文化」
→詳しくはこちらをご覧ください。

カイセル・アブドゥルスル・オズフン
Kaiser Abdurusul OzHun


カイセル・アブドゥルスル・オズフンはウイグル文学の作家・文学評論家であるだけではなく芸術家でありシルクロード美術の鑑定人でもあります。
1969年10月11日に東トルキスタンのアルトゥシュ生まれ。1994年に新疆教育大学の美術学部を卒業。1999年まで新疆テレビ局のドキュメンタリーフィルムプロデューサー、ジャーナリストとして活躍。1999年以降はマレーシアとスウェーデンで語学と美術を学びイギリスの大学院へ。2006年から2009年までウイグルペンクラブ(www.uyghurpen.com)の事務局長兼副総裁に就任。2009年に総裁に選ばれる。現在、スウェーデンのルンドを拠点に活動している。

Kaiser Abdurusul OzHun is an artist and art appraiser specializing in Silk Road art, as well as a writer and literary critic focusing on Uyghur literature. He was born October 11, 1969, in Atush - East Turkistan. He is a 1994 graduate of the Fine Arts Department of Xinjiang Pedagogic University. From 1994 to 1999 he worked as a documentary-film producer and journalist at Xinjiang Central TV. Since 1999 he has undertaken graduate studies in languages and fine arts in Malaysia, Sweden and postgraduate at UK. He was General Secretary and Acting President of the International Uyghur PEN Centre (www.uyghurpen.com) 2006-2009, and was re-elected President in August 2009. He is currently based in Lund Sweden.



スポンサーサイト


2010年09月14日(火曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


9月26日(日)世界ウイグル会議事務総長ドルクン・エイサ講演「ウイグル運動の過去と未来」

日本ウイグル協会 講演会 「ウイグル運動の過去と未来」

時間:2010年9月26日 開場18:30 開演19:00
場所:国立オリンピック記念青少年センター センター棟102号室

講演:ドルクン・エイサ (世界ウイグル会議事務総長)

参加費 1,000円 (日本ウイグル協会会員は500円)
主催:日本ウイグル協会


チラシPDFファイル
http://uyghur-j.org/image/20100926.pdf

日本ウイグル協会講演「ウイグル運動の過去と未来」世界ウイグル会議事務総長 ドルクン・エイサ
→詳しくはこちらをご覧ください。

ドルクン・エイサ 世界ウイグル会議事務総長
新疆大学の学生時代に、ウイグルの子供の教育状況を改善する運動を開始。1988年には学生運動を指揮し、ウルムチで民族差別反対と民族教育の保護を訴えるための大規模なデモを行った。大学を除籍処分された後、北京でウイグルの歴史書を出版するなどの地下活動を行った。中国に留まることに危険を感じトルコに移住後、ドイツに亡命した。若い世代のウイグル人らと世界ウイグル青年会議を設立し、チベットや中国民主化活動家らとも連帯して、東トルキスタン独立の為に活発に活動した。彼の活動に脅威を感じた中国政府は彼をテロリスト指定したが、国際社会にその認識はない。現在は、世界ウイグル会議事務総長を務める。

Dolkun Isa  Secretary-general of World Uyghur Congress
He launched activity to improve education for Uyghur children when he was student of Xinjiang University. In 1998, he led a student movement and performed a large scale demonstration in Urumqi to raise objection for ethnic discrimination and protection for ethnic education. After he was expelled from the university, he was involved in underground activity in Beijing such as publishing books on Uyghur history. Later he felt danger to stay on in China, and decided to escape to Turkey, and finally he moved to Germany. He established World Uyghur Youth Congress with young generations of Uyghur. He also worked for independence of East Turkistan in cooperation with Tibet and democratic activists of China. Chinese government felt fear for him and specified him as terrorist while international society has no such recognition. Currently he is secretary-general of WUC.





2010年09月14日(火曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


チベット自由人権100人委員会 2010シンポジウム「チベットの行方~三民族の現状と展望~」9月28日

チベット自由人権100人委員会 2010シンポジウム「チベットの行方~三民族の現状と展望~」9月28日
日時:2010年9月28日(火)18:30~20:30(受付18:00~)

第1部 基調講演「チベットの行方」
テンジン・テトン
(元チベット政府首相、金融、総務、外務大臣、ダライ・ラマ法王の特別代表やICT、100人委員会の創設など数々の要職を歴任)

第2部「モンゴル、ウイグルの現状と課題」
大野旭(静岡大学人文学部教授)
イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会代表)

第3部 パネルディスカッション「三民族の現状と展望」
[パネリスト]
テンジン・テトン、大野旭、イリハム・マハムティ
[コーディネーター・通訳]
ペマ・ギャルポ(桐蔭横浜大学教授、当委員会代表幹事)

場所:東京ウイメンズプラザ(ホール)
参加費:1000円(委員会の活動のためにお願いいたします。)

チベット自由人権100人委員会
〒108-0074東京都港区高輪3-25-27-1203

お問い合わせ・お申し込みは下記宛にFAX、メールにてお願いします。
FAX:03-6404-8842
mail:info@tibet100.jp

東京ウィメンズプラザ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 TEL 03-5467-1711(代)
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/
交通案内/JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分/地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分/都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分

チベット自由人権100人委員会 2010シンポジウム「チベットの行方~三民族の現状と展望~」9月28日





2010年09月08日(水曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - ウイグル関連スケジュール






日本ウイグル協会 特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

QRコード
QR

運営

copyright © 日本ウイグル協会 公式ブログ all rights reserved.  Designed by RFUJ Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。