日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!

日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!


ブログ内検索

最新記事
サイト移転のお知らせ (05/24)
2013年2月9日(土)グルジャ事件追悼行事のお知らせ (01/28)
2013年1月31日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」 (11/22)
2012年東トルキスタン共和国独立記念行事報告 (11/16)
2012年11月11日(日)東トルキスタン独立記念行事と記念講演のお知らせ (10/19)

カテゴリ
月別アーカイブ
2013/05 (1)
2013/01 (1)
2012/11 (2)
2012/10 (2)
2012/09 (1)
2012/07 (4)
2012/06 (4)
2012/05 (9)
2012/04 (8)
2012/02 (1)
2012/01 (5)
2011/12 (1)
2011/11 (5)
2011/10 (5)
2011/09 (2)
2011/08 (6)
2011/07 (6)
2011/06 (6)
2011/05 (2)
2011/04 (1)
2011/03 (5)
2011/02 (2)
2011/01 (6)
2010/12 (1)
2010/11 (4)
2010/10 (3)
2010/09 (3)
2010/08 (2)
2010/07 (4)
2010/06 (3)
2010/05 (6)
2010/04 (4)
2010/03 (4)

最新トラックバック
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年東トルキスタン】 (11/17)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年9月29日 台湾「】 (11/02)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年11月11日(日)】 (11/02)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【 2011年7月7日(土)「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ」報告】 (07/10)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議」用プラカード】 (07/06)


日本ウイグル協会 公式ブログ > 2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--年--月--日(--曜日) | |
カテゴリ - スポンサー広告


Nov. 12, 2011, Lecture Meeting by Dr. Sean R Roberts "Imagining Terrorism"

http://uyghur-j.org/news_20111112e.html




On Nov. 12, 1933 and 1944, Republic of East Turkistan declared independence. Even though these two republics were short-lived, they are still existing as ethnical symbol of Uyghur people under China's suppression.
While Uyghur's protest against Chinese government still goes on now, Chinese government justifies the suppression as all of actions are caused by Muslim terrorists. East Turkistan Islam Movement (ETIM) is an organization targeted in this justification.
In coming memorial event for independence of East Turkitan, Dr. Sean Roberts, associate professor of George Washington Univ. is invited to make a speech on "Imagining Terrorism: Myths and Realities about the Uyghur Terrorist Threat and the Eastern Turkistan Islamic Movement”
We look forward to having your attendance.




20111112e.jpg 20111112be.jpg

Nov. 12, 2011 memorial event for independence of East Turkitan Lecture Meeting by Dr. Sean R Roberts leaflet 1 / 2




Date: Starting at 18:45, Sat. November 12, 2011

Venue: Central Building 4F, National Olympics Memorial Youth Center
(3-1. Yoyogi Kamizono-cho, Shibuya-ku, Tokyo)

Lecture: Imagining Terrorism: Myths and Realities about the Uyghur Terrorist Threat and the Eastern Turkistan Islamic Movement

Speaker: Dr. Sean R Roberts (the Director of the International Development Studies program, and the Associate Professor in the Practice of International Affairs at George Washington University’s Elliott School for International Affairs.)
  *speaking in English and will be transrated into Japanese

Fee: 1,500 yen (Member of Japan Uyghur Association: 500 yen)




Talk to be given
In 2002, the United Nations and the United States recognized the Eastern Turkistan Islamic Movement (ETIM), a little known Uyghur organization allegedly centered in Afghanistan and Pakistan, as a terrorist organization. Since that time, the Chinese government has continually suggested that this organization is a critical threat to the national security of the People’s Republic. Yet, there is little evidence that this organization has ever successfully carried out a sophisticated terrorist attack inside or outside of China. This talk examines how academics, pundits, and self-proclaimed “terrorism experts” have helped to create and perpetuate a narrative about the Uyghur terrorist threat without concrete evidence to back up their claims. The speaker also examines the facts available in providing his own informed opinion of the real nature of the ETIM and the extent of its threat to China and the larger world.

Speaker : Dr. Sean R Roberts
Dr. Sean R. Roberts is a cultural anthropologist who has been studying the Uyghurs of the Kazakhstan-China borderlands for approximately twenty years. He is the author of numerous articles and book chapters on the Uyghur people and is presently writing an ethnography of Uyghur community practices in Kazakhstan. In addition, he produced, filmed, and edited Waiting for Uighurstan, a documentary film on the cross-border interactions of the Uyghur people between Central Asia and China. He has also testified before congress regarding the alleged terrorist threat posed by the Uyghurs and the Eastern Turkistan Islamic Movement. Presently, he is the Director of the International Development Studies program and an Associate Professor in the Practice of International Affairs at George Washington University’s Elliott School for International Affairs. He has a PhD in Cultural Anthropology from the University of Southern California.

Dr. Sean Roberts, George Washington University


スポンサーサイト


2011年10月27日(木曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


11月12日独立記念行事 ロバーツ氏講演会 空想のテロリズム

http://uyghur-j.org/news_20111112.html

1933年と1944年の11月12日に、二つの東トルキスタン共和国は独立宣言をしました。この二つの東トルキスタン共和国はどちらも短命で終わりましたが、中国の圧政下にあるウイグル人にとっては、今でも民族の象徴的な存在であり続けています。
現在もウイグル人の中国政府への抗議行動は続いていますが、2001年の911以降、中国はこれら行動を全てイスラムテロリストによるものと断じ、弾圧を正当化しています。そしてその際に良く用いられるのが、東トルキスタンイスラム運動(ETIM)という組織です。
今回の独立記念行事では、長年ウイグルについて研究をされてきたジョージワシントン大学のロバーツ氏をお招きし、テロリストとされた東トルキスタンイスラム運動に象徴される「テロリスト神話」についてお話頂きます。ご参加の程よろしくお願い致します。




20111112.jpg 20111112b.jpg


2011年11月12日独立記念行事 ロバーツ氏講演会 チラシ 表(879KB)
2011年11月12日独立記念行事 ロバーツ氏講演会 チラシ 裏(938KB)


【日時】 2011年11月12日(土)18:15開場 18:45開始
【会場】  国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟4F
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
【演題】 空想のテロリズム : 「ウイグル人テロリストの脅威と東トルキスタンイスラム運動」という神話と事実
【講師】 ショーン・R・ロバーツ氏(ジョージワシントン大学 国際開発学プログラムディレクター、国際関係学専攻準教授)
  *講演は英語で、日本語通訳あり。
【参加費】 1500円(日本ウイグル協会会員500円)
  *事前申込みは不要です。

【講演内容】
2002年に国連とアメリカ合衆国は、アフガニスタンとパキスタンを中心に活動するウイグル人組織であり、それ程有名ではない、東トルキスタンイスラム運動(ETIM)をテロ組織として認定した。
それ以来、中国政府は、この組織は中華人民共和国の安全を脅かす存在であると訴え続けてきた。しかし、ETIMが中国の内外で高度なテロ攻撃に成功したという証拠はほとんどない。
今回の講演では、犯罪を示す具体的な証拠が存在しないにも関わらず、学識者や自称「テロ専門家」が、いかにしてウイグル人テロリストの物語を作りあげ、維持してきたかを検証する。
更に、入手可能な事実をあげ、東トルキスタンイスラム運動の本当の性質と、中国や世界に対する脅威の程度も検証する。

【講師について】
ショーン・ R・ ロバーツ(文化人類学者)
約20年間に渡り、カザフスタンと中国の国境地域のウイグル人について研究している。ウイグル人に関する多くの論文や書籍を執筆しており、現在はカザフスタンのウイグル人コミュニティーの習慣に関する民族誌を執筆している。
さらに、中央アジアと中国に住むウイグル人の、国境を越えた相互関係をテーマとするドキュメンタリー映画「Wating For Uyghurstan (ウイグルスタンを待っている)」の制作、撮影、編集を行った。
また、ウイグル人によるテロの脅威と東トルキスタンイスラム運動に関して、米国議会で証言もしている。
現在はジョージワシントン大学エリオット校(国際情勢)の、国際開発学プログラムのディレクター及び国際関係学専攻の準教授を務める。南カリフォルニア大学で文化人類学博士号を取得した。

ジョージワシントン大学 ロバーツ氏の紹介




参考:
RFA記事 米下院公聴会、ETIMの「テロ組織」指定を見直す動きも




2011年10月20日(木曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2011年9月ヨーロッパ訪問報告

日本ウイグル協会サイトで写真も見られます。
http://uyghur-j.org/news_201109euro.html

9月13日から月末まで、当協会会長イリハムがヨーロッパ各国を訪問しました。

13日 イギリス、ロンドン着
14~15日 フランス、パリ滞在
16~17日 ベルギー・ブリュッセル滞在
18~22日 ロンドン滞在
20日 ケンブリッジ大学で行われたヨーロッパ中央アジア学会のパネルプレゼンテーション、ディスカッションに参加。
23~27日 エストニア タリン滞在
24~26日 世界ウイグル女性会議、エストニア国立図書館にて開催。
27日 世界ウイグル会議 各国からの代表からの報告会、総会を行う。
28日 日本帰国


ヨーロッパ訪問報告

パリでドルクン事務総長をはじめとした、ヨーロッパやトルコの運動の実務面を担っている人たち数人と会い、これまでの運動についての反省と、これからの運動のあり方について話し合いました。
独立を求めるという目標に変わりがないことを確認し、その上で、世界ウイグル会議が指導機関として、明確な運動方針を打ち出し、指導力のある団体となるよう努めていくことを約束しました。

ブリュッセルでは、EU議会でウイグルの人権問題を訴えている世界ウイグル会議のメンバーと会い、その中でさまざまな励みとなることを聞くことができました。
EU議会の会期中に、世界ウイグル会議側から提案された議題を元にして、ウイグル問題について扱う時間を取ってくれるようになったそうです。
また国連人権理事会では、世界ウイグル会議の代表の発言は中国の妨害に合い、発言時間が非常に短くされることがあるようです。このような時に、ドイツやアメリカなどが、自分たちの時間を短くする代わりに、ウイグルのことを発言してください、と言ってくれるそうです。
更に昨年から日本も、ウイグル問題についてはっきりと強く追求するようになったと聞きました。これは、日本のみなさんの応援の成果です。そして、日本政府もこうしてウイグルの問題に目を向けて下さっていることに感謝したいと思います。

20日にはケンブリッジ大学で行われたヨーロッパ中央アジア学会「The European Society for Central Asian Studies (ESCAS)」の会議、第7会場(Governance and political developments)で行われたパネルプレゼンテーション、ディスカッション「RT Xinjiang: a contested territory」に参加しました。ここで私は、アジアにおけるウイグルの組織活動について発表しました。 (※当日のプログラムはこちら

エストニアでは世界ウイグル女性会議が開催され、その開会式などに出席した後、27日の世界ウイグル会議の総会で、各国の活動報告と、今後の計画などについて話し合いました。これまで、世界ウイグル会議から日本ウイグル協会への支援体制は十分ではなかったことへの反省と、そのような中で日本の活動が活発に行われてきたことに対し、非常に高い評価を頂きました。今後更に日本でのウイグル活動が活発化するよう、世界ウイグル会議としても日本ウイグル協会への支援を行うことを確認しました。
また今回のヨーロッパ訪問で一番感動し、共感したのが、長年ロシアの支配下にあって苦しんできたエストニアでした。
世界ウイグル女性会議の開会式にエストニアの国会議員が数名参加してくださり、「ウイグルの痛みは私たちの痛みです。私たちは中国政府と利害関係がないし、この会議についても中国政府からの妨害がありましたが、私たちは関係ありません。私たちはEUの一員であって、中国政府の指示に従うつもりはありません。会議などの催しを行いたい時は、いつでもエストニアに来てください。」と言ってくださいました。
また、エストニアの街並みを歩いていても、この国が自分たちの歴史や文化に自信と誇りを持っているというのが自然に感じられました。ソ連支配の下でも、民衆はいつも家庭の中ではエストニア語をしゃべり、自分たちの言葉を守ってきたのだそうです。
同じように侵略され支配されていても、自分たちの文化、歴史、言語、信仰に対しての誇りを持ち、それを守りさえすれば、民族は決して滅びないし、いつかこうして独立することができるのではないかと感じました。

今回のヨーロッパ訪問は、感動させられることも多く、実りが多いものになりました。
残念なこととしては、ウイグルと同民族であるはずのトルコ政府は、ウイグル問題を中国に積極的に言おうとはしないということです。
また、ヨーロッパの政治家と話しをして感じたのは、ウイグルの問題を理解し、中国に強い態度で接してくださるものの、中国政府の本質、中華思想の本質を理解していないということでした。
これは世界ウイグル会議側の訴え方の問題でもあります。ウイグルでの虐殺や人権弾圧を訴えるとともに、中華思想の本質、中国政府の思想の残酷さを伝え、このような思想や精神に根差している政府だからこそ、ウイグルは弾圧され酷い目に合っているのだという、中国の本質をわかりやすく伝えていくことが今後の課題だと思いました。

帰国後10月1日、神奈川県議会で、自民党の神奈川県議連の方々と、政治家を志す若い人たち、70人ほどの前でお話しする機会をいただきました。そこで、ウイグルの現状を話すと共に、政治家を志す人ならば、この国をどう守るのか、国民をどう守るのかを真剣に考えてほしい、と話しました。
日本国が自分で自分の国を守る意識を持ち、外交・防衛策を取れなければ、いつか国家としての危機がくると思います。ウイグルに同情するよりも、日本の政治家と国民の皆様には、まず日本の国を、国民を守る意思を持ってほしいと思います。

(文責:日本ウイグル協会会長 イリハム)



2011年10月19日(水曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2012年4月30日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」

ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願を行います。
中国共産党による弾圧を逃れ国外へ亡命したウイグル人が、その亡命先の政府によって中国に強制送還されています。
このような非人道的であり、国際社会の原則に反する強制送還をやめるよう、アジア各国との関係が深く、影響力を持つ日本国から求めるよう、請願したいと思います。ご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

請願署名のPDFファイルはこちら
seigan_120430.jpg






2012年4月30日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」

【 請願の目的 】
 中国共産党による弾圧を逃れ国外へ亡命したウイグル人が、その亡命先の政府によって中国に強制送還されています。国際法では、ノン・ルフールマンの原則:生命や自由が脅かされかねない人々を追放したり送還されることを禁止する原則、があります。この国際社会の原則に反する強制送還を行わないよう、アジア各国との関係が深く、影響力を持つ日本国から求めるよう請願いたします。

国外に亡命するウイグル人
 2009年7月5日に「新疆ウイグル自治区」の首府ウルムチで起きた騒乱以降、中国政府によるウイグル人に対しての弾圧が一層強まりました。その為大勢のウイグル人が国外に亡命しています。亡命先は陸続きの中央アジアや東南アジアが多く、その後政治難民として受け入れてくれる欧米諸国に移るケースが多いようです。
 しかし中国政府は、この亡命者らは犯罪者であると偽り、亡命先の国から中国へと亡命者を引き渡すよう圧力をかけています。近年活発になっている中国とそれらアジア諸国との経済的結びつきによって、亡命ウイグル人が強制送還されています。

2009年12月 カンボジアが、子ども2人を含む20人を強制送還。彼らの今後の受け入れ先はUNHCR(国連難民弁務官事務所)が交渉しているところであった。
2011年5月 UNHCRが難民として認めたエルシディン・イスライル氏をカザフスタンが強制送還。
2011年7月 パキスタンが、子ども2人を含む5人を、タイが1人を、それぞれ強制送還。
2011年8月 マレーシアが11人のウイグル人を強制送還。

 近年では上記以外にも、ウズベキスタン、キルギス、ベトナム、ラオスなどからウイグル人が強制送還されています。過去のケースで見られるように、強制送還されたウイグル人は、死刑か長期の懲役刑が課されるおそれがあります。

国際的ルールを守ること
 中国政府は、政府に批判的な中国国民に対し、厳しい言論・人権弾圧を繰り返しており、人権無視の国家運営を行っています。これは中国が常任理事国を務める国連憲章や、自国の憲法や法律に対しての、重大な違反であります。
 そのような中国に政治亡命者を強制送還することは、国連拷問等禁止条約や、慣習国際法であるノン・ルフールマンの原則:生命や自由が脅かされかねない人々を追放したり送還されることを禁止する原則、などの国際法に違反しています。
 ウイグル人亡命者を強制送還したアジア諸国は国際的なルールを無視し、亡命したウイグル人の命を取引の材料として、中国からの経済的見返りを求めた、と非難されて然るべきでしょう。
 私たちは、平和と人権を尊ぶ国際社会の一員として、アジア諸国に対し関係が深く影響力のある日本国政府が、人権を尊重し、国際的なルールを順守するよう、効果的に外交政策を講じて頂けるよう求めます。

【 請願事項 】
以下の各号を日本国政府がアジア諸国(カンボジア王国、カザフスタン共和国、パキスタン共和国、タイ王国、マレーシア共和国、ウズベキスタン共和国、キルギス共和国、ベトナム社会主義共和国、ラオス人民共和国など)に対して要請できるよう、外務委員会等の適切な委員会において協議し、具体的な外交政策を講じること。

重大な国際法違反である、政治亡命者の中国への強制送還を直ちにやめること。
中国政府の弾圧を恐れ、自国に避難してきた亡命者らを政治難民として受け入れること。自国で政治亡命者を受け入れられないならば、その身柄は国連難民高等弁務官事務所などに任せること。



*署名簿として集めた本請願書は、個人情報保護法に基づき、直接提出にのみ使用致します。
また、衆議院と参議院と別々に提出しますので、可能であれば2枚署名頂けると幸いです。



平成24年4月30日で一旦締切り、日本ウイグル協会で取りまとめた上で日本国国会に提出致します。

請願書送付先:
〒162-0067 東京都新宿区富久町16-11 武蔵屋スカイビル405 日本ウイグル協会(請願書在中)
日本ウイグル協会メールアドレス:info@uyghur-j.org
ウェブサイト:http://uyghur-j.org



2011年10月03日(月曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2011年10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議報告

2011年10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議報告

10月1日は中国の建国記念日「国慶節」です。しかし中国建国以来、その歴史は、残酷な民族弾圧の歴史であり、今もモンゴル、ウイグル、チベットを初めとした苦しんでいる人々がいるということを、抗議行動として示しました。
中国大使館抗議に40人程の、チベット、モンゴル、ウイグルの支援者、台湾支援者のみなさんが集まって下さいました。
モンゴル自由連盟党のオルホノド・ダイチン幹事長が声明文を読み上げ、大使館に投函しました。
「フリーチベット!」「フリーウイグル!」「フリーモンゴル!」 「宗教弾圧をやめろ!」「不当な逮捕をやめろ!」「今すぐ虐殺をやめろ!」「苦しむ彼らを助けよう!」など、声をあげました。
日本の中国大使館前での抗議には、5人ルールというのがあり、集合場所である麻布税務署から5人が1チームで順番に抗議しました。
また、2年ほど前からはじまった、大使館前に持ち込めるものは、国旗か横断幕かプラカード、のどれか一つだけというルールもあります。
このようなルールがありましたが、現場の警察の方々はとても協力的で、中国政府に向けて強い意思のこもった抗議を行うことができました。

ご参加下さいました皆様、ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。
今後とも、モンゴル、ウイグル、チベットの解放に向けた我々の活動へのご支援を宜しくお願い致します。




抗議行動の告知

※抗議行動の告知や案内は、こちらのページをご覧ください。
10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議




中華人民共和国建国記念日に向けての抗議声明文

 本日10月1日、中華人民共和国は建国より62周年が経過した。建国以降、中華人民共和国による侵略、弾圧の歴史に翻弄されてきたモンゴル、ウイグル、チベットの三民族は、元来中国とは別の歴史、伝統、民族の文化を育んできた民族である。
 しかし、現在は、中国共産党による一党独裁体制のもとで、民族独自の言語、歴史、伝統、文化が破壊されている。民族言語による教育は制限され、民族文化の根幹を成す宗教活動の権利も奪われ、先祖より引き継いできた故郷の環境は見る影も無い。そして、このような中国の横暴に抗議する人々は逮捕され、拷問を受け、生命の危険に晒されている。
 中国共産党の手によって、南モンゴル、東トルキスタン、チベットが侵略されてから既に60年以上の月日が経過し、この間、我々三民族は、大躍進政策や文化大革命、核実験、さらにはあらゆる民族浄化政策に晒され、多くの罪のない仲間が捕らえられ、多くの命が失われた。
 そして、今もなお、その現状から我々が解放される状況にはなっていない。寧ろ、本年に入ってからも、南モンゴルでは失われた自然に抗議する仲間の声は治安部隊の銃声に掻き消され、チベットでは、長年の宗教弾圧に対し僧侶が焼身自殺をして抗議を行い、東トルキスタンでは他国に逃れたウイグル人が中国当局の圧力に屈した東南アジア・中央アジア各国から強制送還されている。中国共産党による民族浄化は、今日この瞬間も途切れることなく続いているのである。
 さらに、我々が訴えなければならないのは中国共産党が62年に渡り行ってきた「民族政策」なるものは、完全に失敗であったということである。中国共産党が我々の仲間を捕らえ、死刑や長期の懲役刑を課しても、なお我々民族が抗議の声を上げ続けていることを見れば、明白である。今後、中国共産党がどのような政策を取ろうとも、真の自由を獲得しようとする我々の声を、その意志を止める事は出来ない。
 改めて中国共産党が行ってきた政策に対し、強く抗議の意志を示し、この日本から我々三つの民族が声を上げ、中国共産党の独裁から解放される其の日まで、抗議の声を上げ続けることをここに宣言する。


  平成23年10月1日
   モンゴル自由連盟党
   日本ウイグル協会
   チベット問題を考える会
   内モンゴル人民党






麻布税務署前に集合中の様子

about_activity_20111001a.jpg

about_activity_20111001b.jpg

about_activity_20111001c.jpg

about_activity_20111001d.jpg




大使館前抗議

about_activity_20111001e.jpg
大使館前抗議 1組目

about_activity_20111001f.jpg
大使館に抗議文投函 モンゴル自由連盟党ダイチン氏

about_activity_20111001g.jpg
大使館前抗議 2組目

about_activity_20111001h.jpg
大使館前抗議 3組目

about_activity_20111001i.jpg
大使館前抗議 4組目

about_activity_20111001j.jpg
大使館前抗議 5組目

about_activity_20111001k.jpg
大使館前抗議 6組目

about_activity_20111001l.jpg
大使館前抗議 7組目




大使館前抗議の動画



RFUJ動画 youtube 2011年10月1日「中国建国記念日 国慶節」大使館前抗議




2011年10月03日(月曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 報告、レポート






日本ウイグル協会 特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

QRコード
QR

運営

copyright © 日本ウイグル協会 公式ブログ all rights reserved.  Designed by RFUJ Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。