日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!

日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!


ブログ内検索

最新記事
サイト移転のお知らせ (05/24)
2013年2月9日(土)グルジャ事件追悼行事のお知らせ (01/28)
2013年1月31日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」 (11/22)
2012年東トルキスタン共和国独立記念行事報告 (11/16)
2012年11月11日(日)東トルキスタン独立記念行事と記念講演のお知らせ (10/19)

カテゴリ
月別アーカイブ
2013/05 (1)
2013/01 (1)
2012/11 (2)
2012/10 (2)
2012/09 (1)
2012/07 (4)
2012/06 (4)
2012/05 (9)
2012/04 (8)
2012/02 (1)
2012/01 (5)
2011/12 (1)
2011/11 (5)
2011/10 (5)
2011/09 (2)
2011/08 (6)
2011/07 (6)
2011/06 (6)
2011/05 (2)
2011/04 (1)
2011/03 (5)
2011/02 (2)
2011/01 (6)
2010/12 (1)
2010/11 (4)
2010/10 (3)
2010/09 (3)
2010/08 (2)
2010/07 (4)
2010/06 (3)
2010/05 (6)
2010/04 (4)
2010/03 (4)

最新トラックバック
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年東トルキスタン】 (11/17)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年9月29日 台湾「】 (11/02)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年11月11日(日)】 (11/02)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【 2011年7月7日(土)「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ」報告】 (07/10)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議」用プラカード】 (07/06)


日本ウイグル協会 公式ブログ > 2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--年--月--日(--曜日) | |
カテゴリ - スポンサー広告


2012年1月のチベット人虐殺事件に際しての声明文

2012年1月23日と24日、中華人民共和国四川省のカンゼ・チベット族自治州で、チベット人による平和的なデモが武装警察によって無差別発砲を受け、多くの死傷者が出るという事件が発生した。

中国の国営新華社通信は、23日にダンゴ県で発生した数十人規模のデモ隊が警察と衝突し住民1人が死亡、翌日24日にはセルタ県で「チベット族住民による暴動」が発生し警官隊が発砲、住民側は1人死亡、1人負傷、警官は14人が負傷した、と伝えた。

しかしチベット亡命政府や国際人権団体の発表は、中国政府の宗教活動への弾圧などに抗議するためにチベット人住民が平和的なデモを行ったところ、鎮圧のために警察が発砲し、2人以上の死者が出たとしている。
更に2011年3月以降、チベットで行われている弾圧に抗議するチベット人僧侶の焼身自殺が続発しており、その数は16人にも及ぶ。しかし中国政府は焼身自殺を「形を変えたテロ活動」であると断じ、この身を賭した抗議行動ですら黙殺しようとしている。
このように中国政府は、チベット人住民や僧侶によって行われる平和的な抗議行動を「暴動」や「テロ活動」と宣伝し、無差別発砲など武力を用いた過酷な鎮圧を正当化している。

そもそも今回の事件が起きたカンゼ・チベット族自治州は四川省となっているため、中国国内で偶発的に起きた事件であるかのような印象を持たされるが、60年程前まではチベット国のカム地方と呼ばれた地域にあり、無理やり四川省に併合されたものである。 近代まで独立国家であり、独自の文化と言語、歴史を持ったチベットは、1949年に人民解放軍によって侵略され、チベット自治区、青海省などにバラバラに分割され、中国の一地方として支配されている。
中国によるチベット支配は、文字通りの民族絶滅政策であり、全人口の6分の1にあたる120万人もの命が奪われ、さらに全体の95%にあたる6000もの僧院や寺院が破壊された。現在でも宗教の自由は厳しく制限されており、チベット語による教育も制限を受け、地下資源や森林の伐採、草原の農地化、核施設の建設など環境の破壊も進んでいる。

チベットで起きていることは、ウイグルでも、南モンゴルでも同様であり、不当な占領から時を経て、今まさに民族としての生命が絶たれようとしている。いずれの民族も共通して、自民族の言語による教育、宗教活動が制限され、民族の文化・歴史も否定され、中国への同化政策の最終段階にあるといえる。

近年多発するこれら各民族の抗議行動は、参加者が逮捕され懲役刑、死刑を受けることも覚悟の上で行われるものであり、人生と生命を代償として行われるものであり、民族が危機的状況に追い込まれた末の行動である。この責任は中国政府にあり、直ちにその原因となる人権弾圧と民族浄化政策を止めるよう強く求める。
基本的人権は決して侵してはならないものであり、更に国連憲章に明記されているように民族自決権も、現在を生きる人類すべての普遍の権利である。中国は国連常任理事国として、国連憲章と国際人権規約を遵守する義務があり、ウイグル、チベット、モンゴル各民族、中華人民共和国の統治のもとで生きる全ての人々に、人類普遍の権利が等しく与えられるよう果たさなければならない。

日本ウイグル協会は、中国政府のこれら非人道的な政策が改められるまで、ウイグル、チベット、モンゴルなど各民族と、中国の民主化を求める人々との連帯をはかり、抗議の声を上げ続けていく。
また国際的な圧力を加えるために、自由と人権を重んじる日本国政府、世界各国の政府、日本国内外の各団体に働きかけ、中国政府に対して抗議の声をあげるよう求めていく。


2012年1月27日 日本ウイグル協会

スポンサーサイト


2012年01月28日(土曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2012年2月5日 グルジャ事件追悼行事について

2012年のグルジャ事件記念日は、追悼行事及び日本ウイグル協会会員向けの勉強会を行うことに致しました。会員の方には会場、日時等を別途お知らせ致します。
よろしくお願い致します。



グルジャ事件について

グルジャ事件はマシュラップの禁止に対する抗議デモから起きました。
マシュラップとはウイグル人の地域コミュニティで行なわれる集まりのことです。ある年齢に達してマシュラップに参加するようになったときに、地域社会への参加も意味することになります。青少年がアルコールや麻薬などに走ってしまうことを防ぐ役割も果たしていました。1997年当時、グルジャ周辺では青年らのマシュラップの指導者たちがサッカーリーグを組織し、トーナメント戦による試合を行っていました。
しかし、ウイグル人の団結を恐れた公安当局はマシュラップを禁止し、強制的に解散させ、指導者を不当に逮捕したのです。当局の弾圧に対してウイグル人の若者たち1000人が、1997年の2月5日に抗議のためにデモに参加し、横断幕を掲げ、宗教的なスローガンを叫び行進しました。
公安警察、武装警察はデモ隊に対して発砲し鎮圧しました。そしてデモ参加者をスタジアムに追いやり、厳冬下で零下20度の状況で放水をして多くのウイグル人を凍死させました。当時、拘束者があまりにも多いためイリ地区の留置所はすべて一杯になったといいます。
グルジャ事件の後も、イリ地区では事件に関与した疑いがあるとして数万人が逮捕され、刑務所内での拷問により多くのウイグル人が亡くなりました。
虐殺事件から14年を経た今でも、監獄で不当に拘留されている人がいます。

2009年7月のウルムチの事件は外国人の撮った映像があるため、中国政府の公式発表が事実でないことが分かりましたが、グルジャ事件については実像がなかなか表に出てきませんでした。
しかしこの多数の犠牲者を出したグルジャ事件は記憶され、中国政府に対する抗議行動が、在外ウイグル人組織によって毎年行われてきました。




なお、日本ウイグル協会への入会方法につきましては、以下のページをご覧下さい。
日本ウイグル協会サポーター入会案内



2012年01月21日(土曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2011年12月3日 日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~ DVD販売について

2011年の12月3日に、ジャーナリストの青木直人先生をお迎えし勉強会を行いました。この勉強会の模様がDVDとなり販売開始されました。



代金のお支払いは青木先生のブログからとなりますが、日本ウイグル協会としても、DVD購入の受付をさせて頂くことになりました。

News Letter China「青木直人 DVDシリーズ」
青木直人BLOG記事『DVD Vol.19が完成しました。』

1枚、3000円となります。

収益の50%を、青木先生の御厚意により日本ウイグル協会の今後の活動費としてカンパして頂くことになりました。是非とも、この機会にご協力を賜れれば幸いです。宜しくお願い致します。



2011年12月3日 日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~ 報告は
http://japanuyghur.blog52.fc2.com/blog-entry-87.html



2012年01月21日(土曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


ホタンのムクイラ事件について

http://uyghur-j.org/news_20120110.html

ホタンのムクイラ事件について


元記事:http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/guma-mukuyla-weqesi-01062012213204.html/story_main?encoding=latin

ムクイラ(Mukuyra)事件の死傷者の一部の方の名前が明らかになりました
2012-01-06

ホタンのムクイラ事件が今日で10日目になります、中国政府は今まで事件の関係者らの名前を隠してきました。RFAの取材によって死者二人と逮捕された一人の名前が明らかになりました、結果として今まで死者6人と逮捕された少年一人と幼児一人の名前が分かりました。死者6名は:

アブドゥミジティ セイデアハメト(Abdumijit seydexmet)男性、26歳、ムクイラ第19村
ブゾヒラ セイデアハメト(Buzohre seydexmet)女性、27歳、ムクイラ第14村
アブリズ セイデアハメト(Abliz seudexmet)男性、30歳、ムクイラ第19村
ヘビブラ アブドゥカディル(Hebibulla abduqadir),男性、26歳、ムクイラ第8村
ブラビヤ アブドゥカディル(Burabiye abduqadir)女性、29歳、ムクイラ第3村
アブリキム アブドゥカディル(Ablikim abduqadir)男性、40歳、ムクイラ第8村

 6人の姓名から彼らは2家族の兄弟であることが伺われます。他の拘留された5人の少年、児童の状況を調べるために関係部署へ電話しました。電話取材で調べた結果、拘束されている5人の少年、児童の中の二人の名前は:

メメト アブリキム(Memet ablikim)男性、9歳、ムクイラ小学3年生
メメトイミン ユスフ(Memtimin yusup)16か17歳、ムクイラ第20村

また今回の取材で警察が射殺したグループの中で、警察に石を投げた6歳の子供がいるといわれます。この子供は射殺されたアブドゥミジティ セイデアハメトの息子であることが分かりました。事件後拘束された負傷者らの中で5、6歳の子供がいないことから、もう一人死者はこの6歳の子供である可能性が浮上しました。




参考: http://sankei.jp.msn.com/world/news/120108/chn12010818140001-n1.htm

新疆でウイグル族女性ら7人射殺か 米政府系ラジオ報道
2012.1.8 18:13

米政府系放送局のラジオ自由アジア(電子版)は8日までに、昨年12月に中国新疆ウイグル自治区ホータン地区皮山県で、警察が、宗教弾圧を逃れるため国外逃亡を図った20代のウイグル族の女性ら7人を射殺、7歳の子どもを含む4~5人を拘束したと伝えた。国営メディアは「テロ集団」の人質事件として報じており、情報が食い違っている。

国営通信新華社などは昨年12月29日、事件について地元の警察が2人を人質に取ったテロ集団のうち7人を射殺、4人を逮捕したと報道。イスラム過激主義との関連を示唆していたが、同放送局は、地元の住民や当局者に取材した結果、人質を取った事実はないとしている。(共同)



2012年01月10日(火曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


世界ウイグル会議第4回代表大会に対する声明文

http://uyghur-j.org/news_20120109.html


世界ウイグル会議の第4回代表大会に関する声明文です。
元記事はhttp://www.uyghurcongress.org/uy/?p=5585になります。



世界ウイグル会議第4回代表大会に対する声明文

世界ウイグル会議第4回代表大会準備委員会
2012年1月3日

世界ウイグル会議第4回代表大会とウイグル幹部人権、民主研修プロジェクトを、2012年5月14日から20日まで、日本の首都東京で行います。
世界ウイグル会議の今回の代表大会は“7・5”ウルムチ虐殺以降、東トルキスタンにおいて抗議の規模と回数がますます増えている時期と、中国政府がわが民族に行なっている同化政策が酷くなっている時期に、ちょうど重なりました。祖国を離れて運動を行っている世界レベルのウイグル組織として、世界ウイグル会議はウイグル民族解放運動のリーダーとして働いています。この点から今回の代表大会の成功は、全世界のウイグル民族解放運動の継続と規律に、そして実績をあげながら進めていくことに大きな役割を果たすものになります。

世界ウイグル会議が正式に立ち上がってから今日まで、多くの経験を重ね、次第に大きくなり、今の規模になりました。数々の困難に直面しても屈することなく、2千万の東トルキスタンの人々が自由になることを組織の政治目標にして来ました。中国は世界ウイグル会議に対して、大規模な誹謗中傷を繰り返してきましたが、このようなウイグル人社会を孤立させ、内部から分裂させる陰謀を、粉砕してきました。この勝利は世界ウイグル会議が民族の信頼と応援、議長ラビア・カーディル氏の固い意志、それから世界ウイグル会議の自己犠牲精神を持つ英雄らがいるからこそ出来たことです。

今回の代表大会は、世界各地で東トルキスタンの解放運動を行う組織の責任者、在外ウイグル社会で尊敬を集める著名人、宗教指導者、世界レベルの人権団体の代表、日本国国会議員、外国人の政治的なオブザーバー、ウイグル民族を研究している外国人専門家と学者に出席してもらい、わが民族の闘争の意志を奮い起こすと同時に、私たちを支援、応援している各国政府、政党、非政府組織等に、私たちのこれからの目標についての情報を伝える大会でもあります。
今回の大会でウイグル民族の自由を取り戻す政治目標を再び世界に宣言します。

去年5月アメリカの首都ワシントンDCで開いた東トルキスタンウイグル拡大会議は、ある意味では今回の大会への思想的な準備のための会議でした。今回の大会で、再び拡大会議の議題を改めて審議し、またその中の一部の審議案は参加した各組織代表の審議を経て世界ウイグル会議の規約に入ります。

今大会はウイグル民族解放運動において様々な意見、会派の代表が自分たちの意見を自由に発表できる民主的な場を提供することを保障します。

アメリカのアジア、太平洋地域に対する新戦略政策と対中政策を、積極的に支援している日本で、今大会を開くことは、皆の関心を寄せるもう一つの点にもなります。日本は20世紀の東トルキスタンの歴史の中でそれほど大きな影響力は無かったものの、あらゆる面で影響を残した国であります。日本のアジア、太平洋地域での戦略的重要性がますます認められていると同時に、日本は中国の脅威から自衛のために緊急の対応を行っている国でもあります。

このような国際情勢の中で、今回の大会を日本で行うことはウイグル運動が国際化する為の重要な一歩となります。日本は1980年代から何千人ものウイグル人留学生に学習の機会を提供してくださった国であり、日本で卒業したウイグル人留学生は今、世界各国で働いています。

世界ウイグル会議常務委員会は今回の大会をとどこおりなく進行させるために、世界ウイグル会議第4回代表大会準備委員会を設置しました。準備委員会のメンバーは以下の通りです。

ドルクン エイサ(ドイツ)
ガユル クルバン(ドイツ)
エルキン エメト(トルコ)
ハイルラ エフェンディギル(トルコ)
ジリル トゥラン(トルコ)
イリハム マハムティ(日本)
ウメル カナト(アメリカ)
メメトイミン アラ(オーストラリア)
カヒルマン ホジャムベルディ(カザフスタン)
アブドレシティ(カザフスタン)
セメト アブラ(ノルウェー)

それと同時に準備委員会は世界各地にいる東トルキスタン国民の皆さんからのメッセージ、意見または提案を収集するためにメールアドレスを設けました。皆さんの今回の大会に対してのご意見とご提案を、このメールアドレスにて準備委員会に送っていただくことを望みます。

メールアドレス:4.qurultay@googlemail.com
電話番号: 0049-89-5432-1999
世界ウイグル会議第4回代表大会準備委員会
2012年1月3日




2012年01月10日(火曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 協会からのお知らせ






日本ウイグル協会 特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

QRコード
QR

運営

copyright © 日本ウイグル協会 公式ブログ all rights reserved.  Designed by RFUJ Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。