日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!

日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!


ブログ内検索

最新記事
サイト移転のお知らせ (05/24)
2013年2月9日(土)グルジャ事件追悼行事のお知らせ (01/28)
2013年1月31日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」 (11/22)
2012年東トルキスタン共和国独立記念行事報告 (11/16)
2012年11月11日(日)東トルキスタン独立記念行事と記念講演のお知らせ (10/19)

カテゴリ
月別アーカイブ
2013/05 (1)
2013/01 (1)
2012/11 (2)
2012/10 (2)
2012/09 (1)
2012/07 (4)
2012/06 (4)
2012/05 (9)
2012/04 (8)
2012/02 (1)
2012/01 (5)
2011/12 (1)
2011/11 (5)
2011/10 (5)
2011/09 (2)
2011/08 (6)
2011/07 (6)
2011/06 (6)
2011/05 (2)
2011/04 (1)
2011/03 (5)
2011/02 (2)
2011/01 (6)
2010/12 (1)
2010/11 (4)
2010/10 (3)
2010/09 (3)
2010/08 (2)
2010/07 (4)
2010/06 (3)
2010/05 (6)
2010/04 (4)
2010/03 (4)

最新トラックバック
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年東トルキスタン】 (11/17)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年9月29日 台湾「】 (11/02)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年11月11日(日)】 (11/02)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【 2011年7月7日(土)「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ」報告】 (07/10)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議」用プラカード】 (07/06)


日本ウイグル協会 公式ブログ > 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--年--月--日(--曜日) | |
カテゴリ - スポンサー広告


世界ウイグル会議第四回代表大会の報告-アジア自由民主連帯協議会講演会にて

http://uyghur-j.org/about_activity_120527.html

当協会のイリハム会長が今回の世界ウイグル会議第四回代表大会の報告を、アジア自由民主連帯協議会の第三回講演会にて行いました。その内容を掲載致します。
動画などは協議会のページを御覧ください。http://freeasia2011.org/japan/archives/1292


世界ウイグル会議第四回代表大会の報告-アジア自由民主連帯協議会講演会にて

5月27日、東京都北沢タウンホールにてイリハム・マハムテイ(日本ウイグル協会代表)氏の講演会が、5月14日から17日までの、ここ日本における世界ウイグル会議開催の結果報告を兼ねて催されました。

まずイリハム氏は、今回の第4回世界ウイグル会議は、アジアにおける最大の民主主義国の日本の首都において会議が開催された歴史的意義を持つものであると述べました。そして、自分たちウイグル人はまず、日本に対し特別の愛情を持っていること、自分自身、子供のころ中国で日本軍と中国軍の戦争の映画などを見せられても、そのような映画ではほとんど中国軍が勝利するように描かれているのだけれど、ほんの一時でも日本軍が優勢になると、自分を含めウイグルの子供たちは何とも言えないうれしい気持ちになることがあったと述べました。

そして、このような感情だけではなく、ウイグルや諸民族の歴史を研究している人類学者などの論考を読むと、ウイグルも、トルコも、日本も、みなモンゴル高原にそのルーツを持つ民族で、そこから世界各地に旅立っていったと思われる、その一つの証拠として蒙古斑というのがこれらの民族の子供には皆表れていること、もう一つ、言語構造が根本的に似通っているウラル・アルタイ系の言語であることなど、日本民族とウイグル民族の根源的な近さがあるのではないかと述べました。そして、ウイグルの若者たちはどの国に海外留学したいかと問われれば、ほとんどが迷わずに日本に行きたいというだろうと、両民族の親近性を強調しました。

そして、今回の日本における世界ウイグル会議代表大会開催では、日本の国民の皆様、議員各位、そして日本政府、有識者などからの支援を広くいただいたことは、大会の参加者たちに、ウイグル会議の新しい出発点が東京から始まったという評価を得たと述べました。そして、日本のスタッフの緻密でルールをきちんと守った会議運営のやり方は、これまでのウイグル運動のいくつかの点を反省させるものでもあったと述べました。参加者は皆、直接関係のない日本人が、空港への出迎え、道案内、そのほかなぜここまで細やかな気遣いをしつつこの会議に協力してくれるのだろうと感動していたことに触れ、イリハム氏は参加者に、もちろん日本国民の人権意識の高さ、そして仕事の丁寧さや礼儀正しさもあるが、同様に、中国の覇権主義への脅威を深く自覚し、ウイグル問題に取り組むことは、日本そのものを守ることだという高い意識を持ってくれているからだと答えたと述べました。

そして、今回のウイグル会議の開会を日本の憲政会館で開催できたことに触れ、中国政府が、自分たちの世界ウイグル会議をテロ組織と誹謗してきたことに対し、日本の国会議員の方々の力で衆議院管轄の憲政会館という場で開催されたということは、このウイグル会議やウイグルの運動は、テロ組織ではないと日本の政治家の方々が世界に向けて発信してくれたことになる、これは今まで、中国の圧力に屈してきた世界各国に対しても、大きな衝撃を与えたことは、各紙や国際社会の報道でも明らかだと述べました。

そして、世界ウイグル会議代表大会の参加者が靖国神社を訪問し、その後、東トルキスタン共和国亡命者が葬られている多磨霊園を訪れたことに関して、中国側や一部の論者が靖国神社訪問を批判していることに対し、これは大会参加者が、自分たちの意志で行動したことであることだと述べました。元々ウイグル人の習慣として、他人の家を訪問する際にはその家のお墓参りをしますが、イリハム氏は、自分たちの考えでは、靖国神社とは日本国の為に命を捧げた方々が祭られているところであり、日本で多くの協力者の方々により世界ウイグル会議代表大会を開催出来たのだから、その日本国の英雄たちに敬意を表するのは当たり前のことだと判断すると語りました。そして、自分たちが靖国神社を訪れて非常に感動したのは、ここには何の差別も階級もなかったことであり、身分の差も貧富の差も関係なく、国のために命を捧げた人は皆同じように祭られていることだったと述べました。

自分たちウイグル人は、ウイグルのために戦った人たちを祭るところはどこにもない、改めて、国を失った自分たちの立場を思えば、このように自分の国を守って命を捧げた人々に敬意を表すのは当たり前だと思う、だからこそ、私たちはラビア・カーデイル氏を含めて全員で、堂々と靖国神社を訪問したと強調しました。そして、かつてアメリカで世界ウイグル会議が開催されたとき、参加者はアーリントン墓地に敬意を表した、それと全く同じことだと述べました。

その上でイリハム氏は、中国が今回ウイグル会議のメンバーが靖国を訪問したことを、第2次世界大戦の戦犯が祭られていることを問題にし、ウイグル会議が政治的意図があって靖国に行ったとか、中国人の心を傷つけたなどと言っているけれども、では、靖国神社にこれまで訪れた外国人はすべて政治的意図があったのか、中国が現実にウイグルを支配し、わが民族を弾圧していることに対して私たちが心から傷ついていることはどう思うのかを問いたいと述べました。

今回の会議で新しい指導体制が選出され、総裁に再選したラビア・カーデイルさんと櫻井よし子さんのシンポジウムも行われましたが、それも、これまでラビアさんがなかなか立場上言えなかったことも発言することができたいいシンポジウムだったとイリハム氏は評価し、尖閣諸島の問題について、国を失ったウイグル人の立場から発言させていただき、東京都が尖閣を購入する基金にもわずかながら寄付させていただいたことを報告しました。そして、ラビア氏がそのシンポジウムで、もしも自分たちの祖国が土地を買うことで取り戻せるのなら、私たちは世界中の人たちの善意の基金で買い戻してほしいと述べたところ、中国政府は翌日の新聞、特に新疆自治区のウイグル語の新聞で、ラビア氏の発言をゆがめたり、YOUTUBEにあげられた動画での発言を中国国内では観られないようにしたり、また悪意で改ざんしたりするなどして、ラビアは売国奴だ、という大キャンペーンを貼っている、このような情報操作で人々を対立させる手法は共産党政府がずっと行ってきたことだと述べました。

そして、イリハム氏は、今回での日本での成功を通じ、これまでの欧米に基盤を置いた運動だけではなく、わが東トルキスタンの地に近い中央アジア諸国での運動や情報の発信にももっと力を入れていくことが決定したとし、もちろん人権意識の高い欧米での活動は重要なのだけれど、自分たちの母国に近いここアジアでの運動を強化せずに欧米にのみ期待してはいけないと述べました。

イリハム氏は、この大会の成功は、同時に中国国内での弾圧の強化をもたらしているという厳しい情勢を報告し、今回の大会の参加者は、中国国内にいるすべての家族、友人に、中国政府から酷い脅迫があったようで、イリハム氏自身も、母親に電話したところ、これまでとは全く違う対応だった、ただ挨拶をしてあとは沈黙するだけだったと、苦しさを隠しながら述べました。そしてそれ以上に深刻なのは、ウイグル地域全体で、違法宗教活動への取り締まりキャンペーンというのが繰り広げられており、この5月20日、12歳の少年が、中国政府の言う違法な宗教指導者のもとで勉強したというので逮捕され、翌日、遺体で母親に返されたと弾圧の模様を報告しました。

その少年の遺体は、中国警察の側は自殺だと言っているが、全身に拷問の跡のような内出血があり、首には絞められた跡があったといいます。それなのに、警察は母親に対し、この自殺という発表に一切抗議しないという誓約書を書かせ、そのあとは何ら葬式も上げさせずそのまま遺体を埋めてしまったそうです。このことが明るみに出たのは、サウジアラビアに住むこの少年の父が公開したからであって、このように外国に親族がいないために事実を訴えることができない犠牲者とその家族がどれだけいるか分からないと、イリハム氏は苦渋に満ちた言葉で語りました。

そして、指導者であるラビア・カーデイル氏が現地に建てたビルも壊され、今監視体制下にある彼女の三人の子供たちも、眠ることも数日間許さないような訊問の後に、さらに環境の厳しい刑務所に移されていること、また、ここ日本に、中国の警察関係者が入国し、日本在住のウイグル人を脅迫して回る計画も進んでいるようだとイリハム氏は述べ、しかし、このような卑怯な行動しかとれないというのは、実は中国政府の弱さの表れなのだ、自分達ウイグル人には何ら隠し事はなく、事実のみを証言して抗議している、もしも事実と違うことがあるならば中国政府は堂々と反論すればいいのに、それができないというのは、正義が彼らの側にはないことを明らかにしていると述べました。

しかし、その上でイリハム氏は大変残念で疑問に思うこととして、鳩山元首相が、5月25日訪中時に、ウイグル問題は中国の内政問題である、と述べたことを挙げ、日本にも立派な政治家が自民党にも民主党にも多くいることはわかっているけれども、こうして中国の残酷な弾圧と、その危険性を訴えているさなかに、なぜこのような発言がされたのか、内政問題なら人権は問わなくていいのか、この元首相が何度も口にした、友愛精神というのはチベットやモンゴル、ウイグルには届かないものなのか、本当に自分はこの人に聞いてみたいと思ったと、日本の一部の政治家の不見識を強く指摘しました。

最期に、この代表大会の成功を経て、今後は日本を大きな活動拠点として、台湾、東南アジアにも運動を展開したいと考えている、その上で、皆さんの提言や、また方針への意見なども積極的にお聞きしたい、また皆さんがいろいろなネットワークなどをお持ちであり、自分が中国の弾圧の現実を訴える場が提供されるのであれば、積極的に行きたいと思う、それはウイグルのためだけではなく、全アジア、そして世界の民主化と平和のために役立つはずだと述べて講演を終えました。

その後、会場からも積極的な質問がなされ、最後にモンゴル自由連盟等のダイチン氏があいさつし、第3回のアジア自由民主連帯協議会主催講演会は無事閉会しました。

次回公演は、6月26日、協議会副会長石平氏の講演会となります。皆様のご参集をお願いいたします。
(文責:アジア自由民主連帯協議会 三浦小太郎)


スポンサーサイト


2012年05月29日(火曜日) | | トラックバック(1)
カテゴリ - 報告、レポート


2012年5月19日 ラビア総裁福島の被災地を訪問

公式サイト上では写真も掲載しております。 http://uyghur-j.org/news_20120519rep.html




5月14日~17日の世界ウイグル会議第四回代表大会、18日~19日のリーダーシップトレーニングと、今回の世界ウイグル会議の日本での行事は予定通り行われました。ラビア総裁は帰国される前日に福島の被災地を訪れました。




2012年5月19日 ラビア総裁福島の被災地を訪問

19日、ラビア・カーディル総裁を初めとするウイグル人代表者約20名が、福島県いわき市にある高久第10仮設住宅を訪問。楢葉町から避難を余儀なくされた50名の方々と交流しました。
そこでは、ウイグル舞踊、楽器演奏が行われた他、代表的なウイグル料理であるポロや、ウイグル風サラダが振舞われ、多くの方が、初めて目にするウイグルの文化や料理を楽しまれました。

その後、いわき市内の久之浜では、今も住宅が再建できない状況にある沿岸部の現状を視察。
東日本大震災で亡くなられた方々を追悼する祈りが捧げられました。




ラビア総裁を初め、ウイグル人代表者らはそれぞれ居住する国へと帰られました。

今回の世界ウイグル会議代表大会は滞りなく終了することができました。
多くの日本人支援者と接する機会を得て、ウイグル人代表者の多くの方から感謝の言葉を頂きました。

日本ウイグル協会は世界ウイグル会議の傘下団体として、これからもより一層励んで、日本での活動を続けて参ります。また、今回の代表大会の選挙で、東アジア担当の副総裁に就任したイリハム当協会会長のもと、アジアに向けたウイグル運動の展開も図って行きたいと思います。

今後共、皆様のご支援、ご協力を何卒よろしくお願い致します。




2012年05月23日(水曜日) | | トラックバック(1)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2012年5月18日 ウイグル問題に関し自民党議員が連名で中国大使に抗議文を提出

2012年5月18日 ウイグル問題に関し自民党議員が連名で中国大使に抗議文を提出

世界ウイグル会議第四回代表大会期間中の予定などアナウンスのページはこちら。

世界ウイグル会議が日本で開催されることに関して、中国の程永華駐日大使は日本の国会議員に抗議書簡を送っていました。この講義書簡を受け取られた自民党議員は記者会見を開き、この中国の大使から抗議書簡が与野党の100人以上に送られていることを明らかにしました。そしてこの「脅迫状ともいうべき文章」は「日本への内政干渉だ」として、自民党議員46名の連名により、中国大使に対し抗議文を提出されました。
世界ウイグル会議及び日本ウイグル協会は、このように中国からの不当な圧力に対し、毅然と対応下さった自民党議員、また先日設立頂きました日本ウイグル国会議員連盟の諸先生方に対し、心よりの賛辞と感謝の言葉を送らせて頂きます。

以下、日本ウイグル国会議員連盟会長の古屋圭司衆議院議員のブログを転載させて頂きます。

ウイグル問題について自民党本部にて記者会見
http://www.furuya-keiji.jp/blog/archives/1787.html

今週はじめに、在日本中国大使から我々国会議員にいわば「脅迫状」ともゆうべき文書が送付されてきた。メディアでも話題になっているのでご承知の方も多いと思う。内容は、チベットとウイグルに関するもので、まさしく「内政干渉」そのもので到底容認できるものではなく、本日11時半に党本部にて記者会見した。我々文書を受け取った議員連名で次のような抗議文を大使宛に送付することを決定して、本日程中国大使宛に送付した。



中華人民共和国駐日本国特命全権大使

程 永華 様

初夏の候、益々ご清栄のことと存じます。

さて、程大使より2012年5月8日付けで、チベットと新疆ウイグルに関する書状を受け取りました。我々国会議員側の調査によると衆参党派を問わず多くの議員に送付されていることが判明致しました。

内容は、チベットならびに新疆ウイグルにおける貴国の考え方を示されたものと解釈いたしますが、その記述は、一方的に武装反乱・暴力テロ組織と決め付け、現実に行われている人権弾圧や人権侵害については何ら触れておらず、事実とは異なるといわざるを得ません。

さらには、文面の最後では「日本自身の安全にも害がある」との記述、また我々議員側に対し「いかなる形でも接触せず、世界ウイグル会議に対し、いかなる支持もしないことを希望する」という、いわば強圧的な表現は、独立主権国家の国会議員への書状としては、著しく適切性に欠いているといわざるを得ません。

いわば、これは日本に対する「内政干渉」そのものであると考えます。

ここに、書状を受け取った議員として、断固抗議するとともに我々は、日本国国会議員の良識に従って今後も活動していくことを、ここにお伝えする次第です。

今後とも貴殿のご活躍、貴国のご発展を心よりお祈り申し上げます。

平成24年5月18日

自由民主党衆議院議員代表

安倍晋三、石破 茂、稲田朋美、井上信治、今津 寛、今村雅弘、江藤 拓、加藤勝信、城内 実、北村誠吾、小池百合子、齋藤 健、坂本哲志、柴山昌彦、下村博文、新藤義孝、菅 義偉、高市早苗、武田良太、徳田 毅、長勢甚遠、馳  浩、古川禎久、古屋圭司、松浪健太、山本有二、

自由民主党参議院議員代表

青木一彦、赤石清美、有村治子、石井浩郎、礒崎陽輔、上野通子、衛藤晟一、岸信夫、佐藤正久、関口昌一、塚田一郎、鶴保庸介、古川俊治、二之湯智、野村哲郎、松下新平、水落敏栄、三原じゅん子、山谷えり子、若林健太

5月18日13時現在 計 46 名 自由民主党国会議員
なお、送付後も抗議の文書に賛同する議員が増えているので、改めて再出状予定だ。




2012年05月19日(土曜日) | | トラックバック(1)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


世界ウイグル会議 第4回代表者大会 成功裏のうちに終了

世界ウイグル会議 第4回代表者大会 成功裏のうちに終了

Press Release For immediate release
18 May 2012
Contact: World Uyghur Congress www.uyghurcongress.org
0049 (0) 89 5432 1999 or contact@uyghurcongress.org


 5月14日(月)に東京で開幕した、世界ウイグル会議(WUC)第4回代表者大会は、世界20カ国から120人の代表者が出席し、4日間の全日程を無事終了させ、17日(木)閉幕しました。

 大会では、出席者は6つの委員会に分かれ、中国の指導者が交代するという政治的な変化のタイミングである本年後半以降、人権と民主を求める平和的な活動に関して、いかなる新たな戦略が必要かを討議しました。さらに、東京の在日中国大使館前にて、日本人支援者とともに、ウイグルでの人権状況の改善と民主を求める大規模なデモンストレーションを行いました。その模様はすでに、内外のメディアが広く報じたとおりです。

 大会期間中に代表者らが、次期指導者を民主的な方法で選出したことは特出すべきことであり、ウイグルの民主化指導者ラビア・カーディル女史が、世界ウイグル会議の総裁に再選されました。

「世界中のウイグル人の代表の信任を得て、ウイグル人の政治的な将来のために働く総裁に再任されたことは大いなる喜びであります。私の指導の下、世界ウイグル会議は、ウイグル人の民主的な権利を獲得する活動を、非暴力平和的に進めてまいります」とラビア・カーディル総裁は宣言しました。

 さらに、「私は、中国政府が東トルキスタンの平和的な市民はもちろんのこと、チベットや南モンゴルの人々に対して行なっている、強圧的かつ組織的な同化政策を終わらせるよう求めていきます。さらに、中国の指導者に対し、ウイグル人、チベット人、モンゴル人、さらには漢人らから挙がっている正当な要求に真摯に向き合い、考慮し、東トルキスタン、チベット、モンゴルにおける政治的な問題を解決するよう求めていきます」と述べました。

 世界ウイグル会議(WUC)は、東トルキスタン内外のウイグル人の集団的利益を代表する、国際組織です。われわれの主たる課題は、ウイグル人の民主、人権、自由を訴え、平和的で非暴力かつ民主的な手段を通じて、ウイグル人の政治的な将来を決めていくことです。

新指導部は次のとおり:

総裁:ラビア・カーディル

副総裁:

a. 中東・トルコ担当 セイット・トムトルコ

b. 北米: ウメル・カナット

c. 東アジア: イリハム・マハムティ

d. ヨーロッパ: ウミット・ヘミット

e. 中央アジア: アブドゥレシット・トゥルディウェ

f. オセアニア: メメットイミン・アラ

g. 外事担当: エスカル・ジャン

執行委員長: ドルクン・エイサ

事務総長: ヌルメメット・ムサバイ

スポークスマン:

a. 中国語: ディルシャット・ラシット

b. 英語: アリム・セイトフ

 なお、世界ウイグル会議 第4回代表者大会の成功裏での終了後、18日(金)からの3日間、東トルキスタンにおけるウイグル人の民主的権利獲得の運動の指導者となり得る人材を育成すべく、民主化指導者育成セミナーを開催しております。

http://www.uyghurcongress.org/jp/?p=4240
http://www.uyghurcongress.org/en/?p=16084



2012年05月19日(土曜日) | | トラックバック(1)
カテゴリ - 協会からのお知らせ


2012年5月17日 代表大会閉会式及び抗議行動の報告

代表大会4日目となった5月17日は、代表大会閉会式と、中国大使館前抗議行動を行いました。
公式サイト上では写真も掲載しております。http://uyghur-j.org/news_20120517rep.html



5月17日(木) 代表大会閉会式

17日の午前中は全体総会と決議文の採択を、午後には閉会式を行い、第四回代表大会は閉幕しました。閉会式に先立ち、世界ウイグル会議の新役員の発表が行われました。


今回の代表大会で民主的に選出された新役員は以下の通りです。

・総裁:ラビア・カーディル
・執行委員長:ドルクン・エイサ
・副総裁:セイット・トムトルコ、ウメル・カナット、イリハム・マハムティ、メメットイミン・アラ、アブドゥレシット・トゥルディウェ、ウメット・ヘミット、エスカル・ジャン
・執行委員副長:Dr.エルキン・エメット、ヌルメメット・ミジット
・事務総長:ヌルメメット・ムサバイ
  副事務総長:ムアウィン・バシュ・キタップ、トゥイグン・アブドゥヴェリ
・スポークスマン:ディルシャット・ラシット、アリム・セイトフ
・内務部部長:オスマンジャン・トゥルスン
・法務部部長:ヌルメメット・ロザホン
・出版センター主任: フェルハット・メメット
・宗教部部長:トゥルグンジャン・アラウッディン
・青年委員会会長:ゲユル・クルバン
・大会基金会会長:ウムット・トゥルスン
・女性委員会会長:ゼベイレ・シェミィシディン
・ウイグル難民センター主任:ハイルラ・エフェンディギル
・研究センター主任:エンウェル・エフメット
・文化教育局長:アブリミット・トゥルスン
・会議顧問:リザ・セメディ、アリム・セイトフ

閉会式では、世界ウイグル会議総裁ラビア・カディール氏の挨拶の後、全米民主基金会副総裁ルイザ・グレーヴェ氏、ラフト人権財団元総裁アルネ・リシュダール氏、日本ウイグル地方議員連盟からは東京都議会議員吉田康一郎氏と神奈川県議会議員小島健一氏から祝辞を頂きました。
また、参加者や協力者に対しての表彰が行われました。日本ウイグル協会の会員やサポーターに対しても、設立以来4年間の活動と今回の代表大会準備に対して、一人一人に感謝状が贈られました。



中国大使館前抗議行動

閉会式の時間が若干延びてしまったため集会開始が遅れたものの、今回の代表大会記念の中国政府への抗議デモが行われました。沿道のデモの前に、ラビア・カディール氏よりウイグルの惨状についての説明と、日本との連帯についてのスピーチが行われました。
その後、ウイグル人代表団と日本人参加者による約200人で六本木にて沿道デモを行い、ウイグル人代表者による中国大使館前での抗議行動を行いました。大使館前に行けるのは5人までという決まりがあるため、各国から1~2人のウイグル人を選び、4組が大使館前抗議を行いました。
今回の代表大会開催にあたっての中国政府に対する抗議声明文を日本ウイグル協会イリハム・マハムティ会長が読み上げ、世界ウイグル会議のドルクン・エイサ事務総長が投函しました。



世界ウイグル会議第四回代表大会開催にあたっての中国政府に対する抗議声明

第四回目となる世界ウイグル会議の代表大会は、日本で開催されることになった。中国政府による度々の妨害にも関わらず、民主主義・法治主義の国として、日本はほぼ全ての代表に対しビザを発行して下さった。

本大会で、我々は日本と東トルキスタンの過去から現在までに至るつながりを確認し、また日本の支援者の熱心な支援を目の当たりにすることができた。

これまで中国政府が行なってきた我々に対する圧政に対し、日本の多くの人々が共感し、解決に向かって活動して下さることを実感することができた。

このように、中国政府が隠そうとして懸命になっている、我々の民族に対する言語、文化、宗教、歴史を奪おうとする民族浄化政策は、いずれその実態が白日のもとに晒され、国際的な大きなうねりとなって、解決に向けての強い圧力となることを信じる。

中国政府がウイグル人をはじめとする全ての民族に対して行なってきた圧政の全ての罪を受けるまで、ウイグル人の尊厳を取り戻す日が来るまで、我々は訴え続けていく。
我々はその日が来ることを信じている。
我々は絶対に諦めない。

2012年5月17日 
世界ウイグル会議
日本ウイグル協会



2012年05月19日(土曜日) | | トラックバック(1)
カテゴリ - 協会からのお知らせ






日本ウイグル協会 特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

QRコード
QR

運営

copyright © 日本ウイグル協会 公式ブログ all rights reserved.  Designed by RFUJ Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。