日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!

日本ウイグル協会 公式ブログ:フリー東トルキスタン!


ブログ内検索

最新記事
サイト移転のお知らせ (05/24)
2013年2月9日(土)グルジャ事件追悼行事のお知らせ (01/28)
2013年1月31日締切「ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願」 (11/22)
2012年東トルキスタン共和国独立記念行事報告 (11/16)
2012年11月11日(日)東トルキスタン独立記念行事と記念講演のお知らせ (10/19)

カテゴリ
月別アーカイブ
2013/05 (1)
2013/01 (1)
2012/11 (2)
2012/10 (2)
2012/09 (1)
2012/07 (4)
2012/06 (4)
2012/05 (9)
2012/04 (8)
2012/02 (1)
2012/01 (5)
2011/12 (1)
2011/11 (5)
2011/10 (5)
2011/09 (2)
2011/08 (6)
2011/07 (6)
2011/06 (6)
2011/05 (2)
2011/04 (1)
2011/03 (5)
2011/02 (2)
2011/01 (6)
2010/12 (1)
2010/11 (4)
2010/10 (3)
2010/09 (3)
2010/08 (2)
2010/07 (4)
2010/06 (3)
2010/05 (6)
2010/04 (4)
2010/03 (4)

最新トラックバック
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年東トルキスタン】 (11/17)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年9月29日 台湾「】 (11/02)
まっとめBLOG速報:まとめ【2012年11月11日(日)】 (11/02)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【 2011年7月7日(土)「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ」報告】 (07/10)
まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議」用プラカード】 (07/06)


日本ウイグル協会 公式ブログ > スポンサー広告 > 『2011年10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議報告』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--年--月--日(--曜日) | |
カテゴリ - スポンサー広告

日本ウイグル協会 公式ブログ > 報告、レポート > 『2011年10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議報告』

2011年10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議報告

2011年10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議報告

10月1日は中国の建国記念日「国慶節」です。しかし中国建国以来、その歴史は、残酷な民族弾圧の歴史であり、今もモンゴル、ウイグル、チベットを初めとした苦しんでいる人々がいるということを、抗議行動として示しました。
中国大使館抗議に40人程の、チベット、モンゴル、ウイグルの支援者、台湾支援者のみなさんが集まって下さいました。
モンゴル自由連盟党のオルホノド・ダイチン幹事長が声明文を読み上げ、大使館に投函しました。
「フリーチベット!」「フリーウイグル!」「フリーモンゴル!」 「宗教弾圧をやめろ!」「不当な逮捕をやめろ!」「今すぐ虐殺をやめろ!」「苦しむ彼らを助けよう!」など、声をあげました。
日本の中国大使館前での抗議には、5人ルールというのがあり、集合場所である麻布税務署から5人が1チームで順番に抗議しました。
また、2年ほど前からはじまった、大使館前に持ち込めるものは、国旗か横断幕かプラカード、のどれか一つだけというルールもあります。
このようなルールがありましたが、現場の警察の方々はとても協力的で、中国政府に向けて強い意思のこもった抗議を行うことができました。

ご参加下さいました皆様、ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。
今後とも、モンゴル、ウイグル、チベットの解放に向けた我々の活動へのご支援を宜しくお願い致します。




抗議行動の告知

※抗議行動の告知や案内は、こちらのページをご覧ください。
10月1日(土)中国建国記念日に合わせた大使館前抗議




中華人民共和国建国記念日に向けての抗議声明文

 本日10月1日、中華人民共和国は建国より62周年が経過した。建国以降、中華人民共和国による侵略、弾圧の歴史に翻弄されてきたモンゴル、ウイグル、チベットの三民族は、元来中国とは別の歴史、伝統、民族の文化を育んできた民族である。
 しかし、現在は、中国共産党による一党独裁体制のもとで、民族独自の言語、歴史、伝統、文化が破壊されている。民族言語による教育は制限され、民族文化の根幹を成す宗教活動の権利も奪われ、先祖より引き継いできた故郷の環境は見る影も無い。そして、このような中国の横暴に抗議する人々は逮捕され、拷問を受け、生命の危険に晒されている。
 中国共産党の手によって、南モンゴル、東トルキスタン、チベットが侵略されてから既に60年以上の月日が経過し、この間、我々三民族は、大躍進政策や文化大革命、核実験、さらにはあらゆる民族浄化政策に晒され、多くの罪のない仲間が捕らえられ、多くの命が失われた。
 そして、今もなお、その現状から我々が解放される状況にはなっていない。寧ろ、本年に入ってからも、南モンゴルでは失われた自然に抗議する仲間の声は治安部隊の銃声に掻き消され、チベットでは、長年の宗教弾圧に対し僧侶が焼身自殺をして抗議を行い、東トルキスタンでは他国に逃れたウイグル人が中国当局の圧力に屈した東南アジア・中央アジア各国から強制送還されている。中国共産党による民族浄化は、今日この瞬間も途切れることなく続いているのである。
 さらに、我々が訴えなければならないのは中国共産党が62年に渡り行ってきた「民族政策」なるものは、完全に失敗であったということである。中国共産党が我々の仲間を捕らえ、死刑や長期の懲役刑を課しても、なお我々民族が抗議の声を上げ続けていることを見れば、明白である。今後、中国共産党がどのような政策を取ろうとも、真の自由を獲得しようとする我々の声を、その意志を止める事は出来ない。
 改めて中国共産党が行ってきた政策に対し、強く抗議の意志を示し、この日本から我々三つの民族が声を上げ、中国共産党の独裁から解放される其の日まで、抗議の声を上げ続けることをここに宣言する。


  平成23年10月1日
   モンゴル自由連盟党
   日本ウイグル協会
   チベット問題を考える会
   内モンゴル人民党






麻布税務署前に集合中の様子

about_activity_20111001a.jpg

about_activity_20111001b.jpg

about_activity_20111001c.jpg

about_activity_20111001d.jpg




大使館前抗議

about_activity_20111001e.jpg
大使館前抗議 1組目

about_activity_20111001f.jpg
大使館に抗議文投函 モンゴル自由連盟党ダイチン氏

about_activity_20111001g.jpg
大使館前抗議 2組目

about_activity_20111001h.jpg
大使館前抗議 3組目

about_activity_20111001i.jpg
大使館前抗議 4組目

about_activity_20111001j.jpg
大使館前抗議 5組目

about_activity_20111001k.jpg
大使館前抗議 6組目

about_activity_20111001l.jpg
大使館前抗議 7組目




大使館前抗議の動画



RFUJ動画 youtube 2011年10月1日「中国建国記念日 国慶節」大使館前抗議




2011年10月03日(月曜日) | | トラックバック(0)
カテゴリ - 報告、レポート


トラックバック http://japanuyghur.blog52.fc2.com/tb.php/77-32bdc628




日本ウイグル協会 特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

QRコード
QR

運営

copyright © 日本ウイグル協会 公式ブログ all rights reserved.  Designed by RFUJ Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。